猫好きにはたまらない!?お松大権現に行ってみた

猫と子ども あそぶ

Moi!めぐむです。

猫好きにはたまらない!?にゃんこだらけの『お松大権現』に行ってきたよ。日本三大怪猫伝の1つとも言われる怪猫が神さまとして祭られている珍しい神社。勝負事に強く受験生にも大人気のスポットをお伝えするね。

お松大権現について

徳島駅から車で50分、阿南市加茂町にある『お松大権現』は『猫神さま』のが祭られている神社だよ。

猫の大仏からお不動さままで境内はねこ・ねこ・ねこっ!

1万体の招き猫をはじめとする猫ちゃんたちがお迎えしてくれるよ。

『勝負の神さま』として有名らしく、受験シーズンには『合格祈願』の子どもたちでいっぱいなんだ。

大招き猫のお出迎えに大喜びの子どもたち

交通標識

加茂谷の主要道路から山へ続いていそうな道に入って行く。ドキドキしながら進んで行くと『お松権現(?)入り口』の看板が!※お松大権現!?

走る子ども

看板の側の駐車場に車を停めて歩いているとさらに駐車場が見えてきた。もっと近くに停めれたのね・・・。

鳥居

鳥居のそばで大きな招き猫がお出迎えをしてくれたよ。

猫の足跡

鳥居の下には猫の足跡が!かわいい!!

仏猫

門の前には日本一社の招き猫。

はしゃぎすぎて暴走する子どもたち

ゆったり見たいのに嵐のように走り去って行く息子くんたち。

「早く早く!」

とダブルで急かされてついていけないめぐむ。

お線香を焚きたい息子くんたちを制して「先に手を洗うよ。」と誘導したんだ。

手水舎(ちょうずや)の向かい側で頭に猫をのせた龍の口からお水が出ていた。ここでも手を洗っていいのかな?

龍で手を洗いたい!と言いつつ躊躇するめぐむたち。

けっきょく手水舎で手を清めました。

線香を焚く子ども

お線香を焚く息子くん(とお友達)。2人とも真剣な顔をしていたよ。

お松権現周遊ツアー

拝殿

お参りを済ませて境内を探索。

狛猫

おみくじがたくさん結びつけられていた狛猫の後ろには

招き猫と絵馬

招き猫と絵馬がぎゅうぎゅうなくらい奉納されていたよ。

ご利益の強さを感じるよね。

橋を渡る子ども

橋を渡ると

大仏猫

大仏猫。

大仏猫と子ども

大仏猫と一緒に記念撮影。

七福猫

さらに登っていくと猫の七福神が!ユーモラスでかわいいね。

休憩所と子ども

休憩所でひと遊び。

お松大権現からの景観

休憩所から見える景色はとっても美しかったよ。

奉納庫

小屋を発見!入ってみると

地下道

地下道が!?

もちろん行ってみたよ。

トンネルと子ども

スタート地点の近くに出ちゃった。

お松大権現の資料館

ここは資料館。

たくさんの招き猫と一緒に美しい切り絵を使って、伝承されてきたお松権現の悲しい秘話が語られています。

招き猫と切り絵

お松大権現の怪猫伝:

いまから約330年前の江戸中期、加茂村は不作続きだった。村を救うために庄屋の惣兵衛さんは5反(1500坪)の田を担保に富豪の三左衛門からお金を借りたんだ。
惣兵衛さんは三左衛門と通りすがった際に証文を貰わず返済しちゃった。その後惣兵衛さんが病死をしてしまったから、三左衛門はお金を返してもらっていないと嘘をついて5反の田んぼを奪ってしまった。

惣兵衛さんの妻、お松は奉行所に訴えたんだけれど、お松の美貌に邪まな気持ちを覚えたお奉行さま。お松が情欲に応じなかったことと三左衛門からの賄賂で非道なお裁きを下したんだ。

藩主に直訴をしたお松。(時代は直訴=死刑・・・。)
子どものように可愛がっていた愛猫『三毛』に怨みを伝えたお松は、貞享3年3月15日に処刑されました。

お松が亡くなったあと、三左衛門と奉行の家に怪猫が出現するようになったらしい。両家とも怪事件が続いたことで滅びてしまったそうだ。

ちなみに、担保だった5反の田は転売されるたびに怪事件が起こったので、現在はお松大権現社と氏子さんが土地を所有しているんだって。

拝殿

資料館のあとは拝殿の裏を探索してみたよ。

本殿

可愛い祠を発見。

本物の猫ちゃんたちも遊んでいて癒されちゃった。

よ〜く見てみるとお参りをした拝殿の窓と繋がっているような気が・・・。この可愛い祠が本殿なんだね。

本殿で猫と戯れる息子くんたちを見ていためぐむ。なぜだか頭痛がし始めました。

拝殿の壁

拝殿の壁

拝殿の壁もステキ。

ここにもたくさんの絵馬が奉納されていたよ。

猫と子ども

息子くんたちは境内にいた猫ちゃんたちと楽しそう。

猫と子ども

猫と子どもたち

息子くんたちの姿に癒されつつも頭の痛さに耐えられなくなるめぐむ。

こんなに頭が痛いのは久しぶり・・・。

社務所でお土産を購入 人気はやっぱり招き猫!?

社務所

拝殿の向かいは社務所です。

頭が痛いなか息子くんとお土産をセレクト。

子どもたちとめぐむのやりとりに苦笑するん社務所のおばちゃん。はずかしかったぁ〜・・・。

お土産の箱

お土産は息子くんと夫くんのお守りと招き猫。

招き猫

笑われながら息子くんと選んだ招き猫ちゃん。

優しい表情が決め手でした。

招き猫

居間に設置されたキャットウォークに置くことに。

三毛猫ならぬ二毛模様から名前は『にこちゃん』に決定!

おもてなしをしてくれる人懐こい猫ちゃんたち

遊ぶ猫たち

息子くんたちと遊んでくれた猫ちゃんたち。

境内で楽しそうに遊んでいる姿も見ることができるよ。

撮影中の猫

お松大権現の門の前でパシャリ。

ときにはモデルも引き受けてくれるんだ。

猫好きにはたまらない癒しの神社だよね!

アクセス

住所: 徳島県阿南市加茂町不ケ63

電話番号:0884-25-0556

バス:JR阿南駅から加茂谷行きバスで約40分(お松大権現前下車)

車:徳島インターチェンジから約50分
※駐車場無料(約20台)

拝観時間:自由

ご祈祷受付時間:9:00~17:00

※詳細はHPで確認してね。

まとめ

神社ではじめて頭痛を覚えためぐむ。氏子さんもビックリされていたけれど、パワースポットなんだと実感しました。ご祈願方法の説明がなくて招き猫をお借りしてこなかったことが残念!次回は社殿の招き猫ちゃんを借りてきたいな♪

3月15日(旧暦)は命日祭、5月1日はご祭典なんだって。

今年のゴールデンウィークは10連休。ぜひお松大権現の祭典に足を運んでみませんか。

かわいい猫ちゃんたちがお出迎えをしてくれるよ♫