親子で芋掘り体験がゲキ楽しかった話

美しい田舎の風景 あそぶ

Moi!めぐむです。

土曜日、お友達が企画をした芋掘りイベントに息子と行ってきたよ。

芋掘りだけじゃなく竹筒炊飯が楽しめるってことで、ワクワクしながら会場に向かいました。

みんなで楽しく火起こしをしたランチでは思わぬ珍品も!

楽しすぎた体験をお話しするね。

有機農法と加茂谷元気なまちづくり会

田舎

徳島市から約30km。

阿南市の水井町は40世帯の人々が暮らす山あいの小さな村落です。

ここの地で菌ちゃん先生こと『吉田俊道』先生の有機農法を実践する畑の会を立ち上げたお友達。

完全版 生ごみ先生が教える「元気野菜づくり」超入門

水井町を含む10町から形成される加茂谷に新しい風を起こしつづける『加茂谷元気なまちづくり会』が農地を提供してくださったお陰で、畑をしたい親子が集まって農業実践できることになったんだって。

移住者に人気のまち『加茂谷』。
加茂谷の移住者さんが『人生の楽園』(テレビ朝日)でも華やかに取り上げられていました。

人生の楽園 幸せ薫る手作りカフェ 徳島県・阿南市 2018年12月29日

※出典:TVシニアーMr.市右衛門

はじめての今回は、じゃがいも掘りと掘ったジャガイモを使ってのポトフ作り&ワイルドじゃがバター。

ご飯はなんと竹筒炊飯!

カラフルなジャガイモ掘り

会を運営する地元の方のご指導にそって、さっそくじゃがいもを掘ってみたよ。

ジャガイモ

枯れた茎の下にはじゃがいもが!

スコップでぐぃっとした後は

土を掘る子ども

熊手を使って掘り掘り。

すると・・・

たくさんのジャガイモ

大小のジャガイモがたくさん。

子どもの笑顔

ジャガイモが掘れてとっても嬉しそうな息子くん

楽しい♫

たくさんのジャガイモ

コンテナ3箱山盛り掘れました

赤はアンデス、白くて根が赤いのがキタアカリ、白くて根も白いのがメークイン。

皮の色が同じでも、よく見ると特徴があるんだね。

たったの2列半の芋掘りであっという間に約70kgのジャガイモが収穫できたよ。

火起こしにハマる子どもたちと子どものような笑顔の大人たち

収穫が終わるといよいよ火起こし。

メイン?イベントの美味しい時間だ♫

川に薪拾いに行くひと、じゃがいもを洗ってホイリング(アルミホイルで巻き巻き)するひと、野菜を切るひと、竹を加工するひと、火起こしを始めるひととみんなそれぞれ作業をしていたよ。

炊飯

竹筒にお米を入れて

並んだ竹筒

竹筒炊飯の準備

子どもたちは火起こしに夢中!

火を起こす子どもたち

火起こしに夢中な男の子たち

火を起こす子ども

息子くんも火起こしにチャレンジ!

煙と人々

煙だ!逃げろぉ!!

準備をしているお父ちゃんたちの笑顔も輝いていて、まるで大きな子どものようでステキでした♡

笑顔のおじさん

子どものように輝く笑顔のお父さま

ところで、なぜかダッチオーブンの火起こしをするひとが・・・。

チップを入れてる。もしかして燻製??

ダッチオーブン

美味しい予感のするダッチオーブンさん

楽しみなおまけも付いてきそうな予感がします。

っでお味は?

主役のじゃがバターは、ちょっぴり焦げ焦げに・・・。

逆に味があって美味しい!って絶賛しているひともいたけれど、やっぱり自然の中でワイルドに食べるのってサイコーだよね。

ポトフはウインナーが主役の座を奪うくらいたっぷり入っていて、息子くんが大喜びしていました。

ポトフ

めぐむがいちばん楽しみにしていた竹筒炊飯は・・・

ぴっかぴかの銀シャリ!

ほっかほかで文句なし!!でした。

竹筒飯盒

おまけのダッチオーブンの正体ですが・・・

『鹿肉の燻製』

でした。

鹿肉の燻製

めぐむ初の鹿肉、お味は・・・

力強い弾力と噛むほどに深い味わいが広がっていく絶品の燻製だったよ。

まとめ

山々に囲まれた畑での美味しいイベント。目にも美味しい景色が身体に染みわたり心身ともに癒されちゃった。

毎日この景色を眺められるここの地に住めたら幸せだろうなぁなんて、大好きな場所がまた1つ増えました♡