Amebaオフィシャルブロガー 大木ゆきのさんの記念公演に行ってみた

大木ゆきのさん画像 わたしの心をはぐくむ

大木ゆきのさん画像

Moi!めぐむです。

Amebaオフィシャルブログって知ってる?有名人限定のブログなんだけど、スピリチュアル部門でベスト3にはいる大木ゆきのさんの出版講演会に参加してきたよ。8,000円もする講演会が秒速で売り切れてしまうらしい。ラッキーにも申し込みができためぐむが体験したことをシェアするね。

大木ゆきのさんて誰?

大木ゆきのさんを講演会に申し込むまで知らなかっためぐむ。

聞いたこともない女性だけど、お友達が一緒に出演するっていうから軽いノリで申し込みをしようとしたんだ。けれど・・・sold out!

実は『大木ゆきの』という女性、スピリチュアル系ではとっても有名なお方だった!

サイバーエージェントが運営をするAmebaオフィシャルブログ(スピリチュアル部門)でつねに3位以内にいる人気者。

ブログでイベントの案内をすれば10分もせずに完売、出版依頼は2年半待ち状態という超〜人気者のゆきのさんは、オンライサロンも運営。100人近い会員がいるらしい。

小学校教師や国家的指導者育成機関の広報という経歴のゆきのさんのスピリチュアルが人気なのはなぜか?ブログをいくつか拝見してみたよ。

自己改革や自己成長をしないとって頑張らなくても、宇宙と繋がれればなんでも叶うよっというようなお話がポジティブに書かれていた。(ざっくりとだけど^^;)コメントをみて感じたこと、ブログから元気をもらうファンがいっぱいいるようだ。

大木ゆきのさんにとっても会ってみたくなっちゃった!

秒速で完売! めぐむがチケットを手にできた訳

sold outの画像

めぐむが申し込もうとしたイベントは『神さまスイッチ』の出版記念全国公演の東京会場。(8月25日開催)8月13日に申し込みリンクをクリックしたらすでに満席だった!

勝手に幸運が流れ込む 神さまスイッチ

お友達がもう1つの申し込みリンクを送ってくれたんだけど、そっちも満席・・・。凄いなぁ!がぜん逢ってみたくなった 笑笑

しつこいめぐむは、ある日ふとリンクをクリックしてみた。(もしかしたらキャンセル出てるかも〜♫)ビックリすることにたくさんの空席が出ていて、よゆ〜で1席取れました♡

たくさん空いているようだったけれど、これも一瞬だったらしい。東京会場は増席も秒速完売!コンビニ決済のひとが期限内に支払いを終えなかった席がたまたま販売されていたみたいだよ。

せっかくなら一番前に座りたい!誰よりも早く会場へ

PHP研究所東京本部

成功されていると世にいわれる方々のイベントに何度も参加しているけど、トップの方々のイベントって早〜くから長蛇の列になっているんだ。で、座れないこともあったり・・・。できれば一番前で相手のオーラを身体で感じながら聴くのがサイコーだってことも体感ずみのめぐむ。

13時半からの講演会なのに10時すぎには家を出たよ。

自宅から会場のPHP研究所東京本部まで約1時間半。はじめての有楽町線にも乗れて息子も満足だったみたい♫

想像していたよりも早くから来ているひとが少なくて脱力しちゃった^^;
PHP研究所本部にはいままでの歴史がたくさん陳列されていた。大好きな松下幸之助さんのお写真や直筆のことばであふれていたよ。はじめて知ったんだけど、PHP研究所は松下さんによって生み出されたんだって。
松下幸之助の写真

松下幸之助さん

掛軸

松下さんが書いた掛軸

巻き物

松下幸之助さんがPHPの所長だったことがわかる資料

セーラー服のおじさまが・・・。

セーラー服おじさん

はじまるまで休憩所やトイレにふらふらとさまよっていためぐむ。その前をスーッと目を疑う光景がっ!

おっさん!?(いやじーさん??)セーラー服???

ついちょっと防衛本能が働いてしまいまったよ。(関わらないように・・・。)

つまらない概念をぶち壊すようなことがその後めぐむを待ち構えていたとは、この時のめぐむには想像すらできなかったハズ!

大木さんが壇上に立つとすぐ、もう一人の男性が目の前を通り過ぎていった。セーラー服おじさんこと『JK爺』と大木さんの対談が今まさにはじまろうとしていた。(スペシャル特典なんだって!)

思い込みを壊してみること!

対談

セーラー服おじさんこと『JK爺』はSNSで話題の男性だった。『ツーショットを撮ると幸福になれる!』なんて都市伝説までうまれて、原宿をお散歩でもしようものなら駅にたどり着くのに3時間以上かかってしまうくらいの人気者なんだ。

そもそもセーラー服を着て街をうろつくようになったきっかけはご近所のラーメン屋さんのイベント。セーラー服で来店したらタダという話にドキドキしながらセーラー服で街を歩いてみたんだって。

ところが、罵声を浴びせられたり逮捕されたりするどころかまったくなにも起きなかった。

だったら、挑発してやる!って週末セーラー服コスプレ生活をし始めたら、SNSやテレビで話題の人気者になったんだって。コブクロにゲストで呼ばれたり、海外旅行に招待をしてもらったり・・・。

既成概念を外したことから人生がハッピーに変わったそうだよ。

自分が楽しいと思うことを思いきってやる。
人目線をやめる。
自分が楽しいかどうかにフォーカスをする。
※本気で楽しんでいたら必ず人を惹きつけるよ!

大事なのは捉えかた

大木ゆきの

本当はみんな幸せになるために産まれてきているんだって。宇宙はいつも幸せを運んでくれているんだ。

たとえ辛い状況だったとしても、うまくいかなくてもがいていたとしても、その現状には幸せになるための宇宙からのメッセージが含まれているよ。

大木さんはパワハラになって仕事を辞めざるおえなかったからこそ、いまやられているスピリチュアルのお仕事に目覚めることができたんだ。

うまくいかないことが起こったら幸せになるチャンス!!
幸せな人生に変わるために以下の3つを見直してみよう!
1やり方を変える
2止まる
3活かす(活用する)
※『活かす』は必ず入っているよ

宇宙は必ず願いをかなえてくれる。けれど、それには周波数が大事なんだ。

うまくいかなかった時、暗〜い気持ちになっていない?その周波数が宇宙に伝わるから、未来も暗〜い現実を引き寄せてしまう。

といっても、自分を偽って強がりにポジティブになってもうまくいかないんだって。

まずはその時の自分の気持ちを受け入れてあげる。受け入れたらこれを機に私の人生は絶対良くなる!と言ってみる、信じてあげる!!

必ずくる!大丈夫!!ってリラックスしていると宇宙は必ず教えてくれるんだって。

みんなは忘れてしまっているかもしれないけれど、めぐむたちは知らず知らずに直感を使って生きている。なんとな〜くやめておこうとか、たぶんこっちに行けばいいはずとか・・・。

絶対に良くなると自分を信じることができれば、宇宙からのメッセージを受け取ることができる。

捉えかたを変えて幸せになるチャンスキタ〜!って見直すことが大事なんだね。

真理は1つ

松岡修造のパネル

めぐむは今までビジネスで成功をされた方達にお会いしたり自己改革を学んだりいろいろとしてきたけれど、みんな言っていることは同じだって思ったよ。この世の中で真理は1つしかないんだって。

長者番づけ日本No1の斎藤一人さんや書籍『7つの習慣』のスティーブン・コビー氏が『まるで宗教家のようにみえるかもしれない』と言っているんだけれど、宗教もビジネスも本質は同じ、なにをどうやろうとも同じところにたどり着けるようになっているんだって気づいたよ。

自分が愛すべき人だって気づくこと。自分を信頼すること。自分はそのもので完璧な人だと認めること。自分のほんらい持って生まれた魂の仕事(好きで好きでたまらない、ワクワクする、やりたくてウズウズする)を楽しんで挑戦をすれば、思い通りの未来を手にすることができること。

『頑張って生きなければならない』とか『苦労しないと成功を手にはできない』とか概念はもはや必要ないんだよ。天才は99%の努力なんていうけれど、エジソンだってアインシュタインだって好きなことに没頭していただけ。辛い努力じゃない!子どもが飽きもせず遊び続けるのと同じ、『楽しい時間』を過ごしているにすぎないよ。

生活のためとか安定のためとかいったん忘れちゃおう!

もしもなにも条件がなかったとしたらあなたはなにがやりたい?

自分の心に素直に、絶対に幸せになれるって信じて(ポジティブに)人生を楽しめば、必ず自分らしい幸せを手にできる。

誰もが完璧であり天才なんだ。自分にしかない(自分が持って生まれた)才能を花として咲かせてあげてね。

大木ゆきのサロンメンバーによる天使の歌

歌とバックダンサー

今回の出版記念講演は特別に天使たち(サロンメンバー)による歌とダンスが全国で開催される。この歌を歌っているのがめぐむのお友だちのヒーラー『かれんちゃん』なんだ。

作曲家として成功することを目指して努力をしていたけれど、自分らしい音楽が作れない世界に生きることで挫折をされた過去があるよ。

ヒーラーになり幸せがどんどん引き寄せられるようになったいま、一度手放した夢が思いがけずに叶って、彼女はさらに眩しく魅力を放って咲いていました。

かれんちゃんの歌声はインパクトがあるわけではないんだけれど、スッっと入ってくるような・・・。出版記念講演から1週間近くたっても、ときどきふっと頭の中に流れてくる。不思議なパワーを秘めた歌だったよ。
セーラー服おじさんとカップル

撮影されまくっているおふたり

セーラー服おじさんと女性

カメラに笑顔でポーズ

セーラー服おじさんと女性

ステージに向かうおふたり

まとめ

21世紀は個の時代であり和の時代であると言われている。

いままさに見えないなかで、個々が持っている才能が花として簡単に開花できる時代になってきているってめぐむは感じてる。めぐむたちに眠っている宇宙と共鳴するパワーを思い出して、幸せな人生を笑顔でともに生きていこうよ。