NVCってなに?子育て航海術『ファミリーコンパスに』参加してきました

ニーズカード まなぶ

ニーズカード

Moi!

こんにちは めぐむです。

昨年からものすっっごく気になっていた子育て講座『ファミリーコンパス』。

ファミコン(ファミリーコンパス)中毒の友達が

「出ると人生変わるよ!」

って、極悪セールスマンさながらに全力で押してくれていたのに、いままでチャンスを掴めずにいました。

念願かなって初参戦!

わたしもファミコンジャンキーにまい進したくなる体験をしてきました。

ファミリーコンパスってなに?

講義中

子育て中のお母さんは、子どもを産んだときからずっと緊張状態にいるらしい。

お母さんっていつもどこかで『我が子』のことを考えていますよね。

たとえ幼稚園に行っていても、たとえお友達とランチをしていても、いつも子どもが頭の片隅にいて・・・。

子どもへの意識は寝ているときも変わりません。ちょっとでも子どもがグズれば飛び起きてしまいます。

そう、私たち『母親』はいつもいつも緊張した精神状態のなかでいきているのです。

こうしたなかで、情報過多の情報のなかから『ホンモノ』とよべる、自分のほんとうに欲しい情報をつかみ取るのは難しいですよね。

たとえば幼稚園えらび。たとえば小学校えらび。子どもの教育・・・。

まわりの意見に流されるままに生きて、息苦しさがさらに大きくなりながら『自分の生きたい』人生とちがった未来へ向かって歩いていくわたしたち。

「子育てには指針となる『コンパス』が必要ですよ!」

明るい表情のなかに凛とした目をして、さとちんこそ講師の渋谷聡子さん(ファミリーコンパス)は語ります。

理想のお母さん像なんていらない

いい悪いなんて存在しない

自分とつながってほんらいの自分に還りましょう♪

非暴力コミュニケーション それがNVC

自分をとり戻すために必要な道具がNVCです。

NVC?

NECのライバル会社??

あまり聞いたことがないですよね。

NVCとは自分のニーズも相手のニーズも大事にしながらコミュニケーションをとる『非暴力コミュニケーション』です。

感情にはメッセージが隠されている

なにかが起こったことで沸き上がる感情。

たとえばむかつく!とか、泣きたい!とか・・・。

感情が起こるときっと解決しなければってなりますよね。

たとえば、むかついても仕方がないからと言って自分をいさめるとか・・・_。

この感情がキーポイント!

感情には自分が『大切にしたいこと』が隠されています。

『大切にしたいこと=ニーズ』があるから感情が生まれる

つまり、感情に隠されていた『ニーズ』を知ると感情は役目を終えて消えていくそうです。

大事なのは反省ではなく内省

わたしたちは理由や要因に気づいたら、つい反省をして改善を試みがちですが、大事なことは『内省』だそうです。

ただ知る

ただ感じる

自分の感情をじっとみつめて、そのかなに隠されていたニーズをただ知るだけでいいそう。

どんな気持ちも、感情も、ただただ知る、感じる。

とにかく内に内に見つめていくことを大事にしていきます。

自分の感情の源を知る ワークをやってみた

自分の感情の源を知るために、エンパシーサークルを作ってのワークに挑戦してみました。

まずはお題の

『私が( )な気持ちになるのは、あなたが( )だから』の( )を埋めます。

う〜ん

なかなか難しい。

つぎに数人で輪を作って一人づつ自分が書いたお題について話します。

ちなみに、わたしは話していて涙が止まらなくなりました。

※涙も鼻水もなんでも、体が出したいといっているものはそのままだしちゃっていいそうです

話し手が話終わると、聞いていた人たちが思い思いにカードを選んで話し手の前に置きます。

ニーズカード

みんながわたしに選んでくれたカードだよ

選んでくれたカードですが、納得するものもあれば??というものもありました。

選んでくれたなかからピンとくるもとを5つほどチョイス。

そうして、??だったカードを出してくれた方になぜそのカードを選んでくれたのかを聞きます。

これが衝撃的だったんですが、??のカードが自分でも気づかなかったニーズに気づかせれくれるカードだったりします。

最後に大事にしたいカードを3つチョイスして、忘れないように書き出します。

ニーズカード

わたしが選んだ3つのカードだよ

ワークを終えて

自分でまったく思ってもいなかった『大切にしたいこと』が発覚してビックリしました!

ほんと

??だったカードの1つだったので、なんでこのカードなのか意味不明ってくらい関係性が薄く思えたカードが、選んでくれたワケを聞いたとたん

どーんっ!

とわたしのなかに飛び込んできたような錯覚を覚えました。

感情が消えるような体感はありませんでしたが、深い部分にさらにニーズが隠れているようなきがしています。(それで感情が消えないような。。。)

終わってひとりで帰っていたときですが、頭の中に忘れていた母との記憶が幾つも蘇ってきて、そのときの自分の思いとともに、当時大切にしたかったニーズが浮かんできました。

ああ、あのときこうして欲しかったんだなとか。

深いなぁ〜NVC。

※ニーズカードはNVC Japanのサイトからダウンロードできます

めぐむ的まとめ

いま、時代の大きな転換期だといわれています。

『適合』から『創造』にシフトをするなかで『他者承認』から『自己充足』へ『勝ち負け』から『共創造』へと世の中はひとりひとりの『心』を大切に『共に生きる』社会へと動き始めています。

いままでの古い考え方をあらためて見直してみると、自分のなかに革命が起きる予感がしますよね♪

 

NEOライフスタイルデザイナー

めぐむ