次元上昇!?光の言語 ライトランゲージの伝授を受けてみた

ヒーリングカード わたしの心をはぐくむ

Moi!めぐむです。

巷でひそやかに広がりつつある見えない世界。地球上では聞いたこともないような『ことば』を発している人たちが存在してるって知ってた?

ふとしたことから光の言語『ライトランゲージ』の伝授を受けることになっためぐむ。

ライトランゲージって!?神秘的な体験談とともにめぐむに起きた変化をこっそり話してみるね。

涙が溢れだした『おと』 初めての自己ヒーリング

涙を流す女性

自分の声で泣いてしまった。

思ってもみなかったから今でも不思議なんだけど、自分が発した『おと』で涙が溢れてきた。

けして悲しいわけでも、けして辛いわけでもない。

ただ、ただ涙が溢れて、そしてスッキリした。

癒しの涙だ。

これがライトランゲージを半分伝授されためぐむの自己浄化体験。

そもそもライトランゲージを伝授されることになるなんて!?ほんとに偶然というか、それとも必然というべきなのか・・・。

ライトランゲージとの出逢いは、こうして始まったんだ。

ライトランゲージとの出逢い

めぐむを宇宙から連れて帰ってくれたヒーラーのゆきちゃん。

最近はFacebookでも繋がれてとってもルンルンなめぐむ♪

ある日のこと、たまたまFacebookを眺めていたらゆきちゃんのタイムラインが流れてきたんだ。

『ライトランゲージの交流会』

ってね。

 

Facebook

そこには『伝授します』とも書かれていたんだけど、見たとたんピンときた。

以前、ゆきちゃんから『めぐむちゃんは宇宙人の魂だよ。』と取説を貰っためぐむ。自分でも実感したくてたまらなかった。

どうしたら自分と対話ができるのか?ということばかりが気になって悶々としていた時に舞い込んできた『交流会』。またもやゆきちゃんに逢いたくなった。

願えばやってくる ゆきちゃん

ゆきちゃんに逢いたくなってから数日、ゆきちゃんと偶然会えた。

齋藤ゆき子

「ライトランゲージの伝授を受けたいんだけど・・・。」

「うん。そうだね。めぐむちゃんにはライトランゲージがいいよね。」

なんて、よくはわからなかったけれど、めぐむにはライトランゲージがぴったりらしくて伝授を受けることになったんだ。

「交流会もいいけど、個別伝授のほうがしっかりできるから別の日にする?」

優しいゆきちゃんがめぐむを思って提案してくれた。

めぐむ 伝授の先輩に遭う

十町市

伝授が決まって数日後、たまたま『十町市』というフリーマーケットでゆきちゃんにあった。

ゆきちゃんが一緒にきている女性を紹介してくれた。

彼女もライトランゲージの伝授を受けた女性で、今ではライトランゲージの伝授もされているらしい。

「一緒に喋るのが楽しみ♪」

なんて意味不明なことを言われてライトランゲージが分からなくなっためぐむ。

えっと・・・ライトランゲージって・・・?

ライトランゲージって?

プレアデス系の目のチャクラを活性化し、エネルギーを流すタイプです。

自己ヒーリングと他者ヒーリングが出来るようになり、感性が開いてゆきます。

ビジョンが見えやすくなる方が多いです。

ゆきちゃんのブログやHPによるとビジョンが見えるようになったり、ヒーリングができるようになるってことなんだけれど、『喋るのが楽しみ♪』って意味がまったく分からない。

ライトランゲージについて調べてみたよ。

光の言語 ライトランゲージ

ライトランゲージとは『光の波動』のことを言うよ。

宇宙

宇宙に存在する波動を知性を介さずに『ことば』や『手振り』、『踊り』などのカタチとして直接自分に降ろすひとたちが密かに増えているんだ。

繋がるものによっては宇宙人のことばだったり、天使や精霊のことばだったりもする。

宇宙に存在する波動をことばのように喋るから『宇宙語』って呼ぶひとたちもいるよ。

宇宙は12次元存在するという。ひとが生きている世界は3次元。この世界で使われている『ひと』の言語は原始的で情報量が少ないらしい。

ライトランゲージは高次の次元に存在する膨大な情報がつまった光の波動。
光の波動は直接的に肉体やDNAに作用するので意味を考える必要はないんだ。

光の言語を降ろしているひとの思考を介すことなく、その時必要な情報を受取ることができるライトランゲージはひとがアクティベーション(進化)するために最適なツールなんだ。

ライトランゲージがもたらす効果

たくさんの情報が凝縮された光の言語『ライトランゲージ』。ライトランゲージは受けとるだけで様々な効果をもたらしてくれるんだ。

・肉体、細胞、DNAが活性化される

・自分や他者を癒す

・ブロックの解放

・ヒーリング力の開花

・(稀に)サイキック力やチャネリング力の開花

ライトランゲージを喋ると波動が上がり、喋るほどにライトボディが進化を起こし覚醒がもたらされるんだって。

言語の意味が分からなくても大丈夫!光の波動がダイレクトに働くから喋るだけで自分や相手に影響を与えることができるんだ。

ライトランゲージって凄いよね!

ライトボディとは:

ライトボディ(光の体)とは肉体を包むように存在するエネルギー体のこと。ライトワーカーのマイクさんによるとチャクラよりも魂に近い場所に存在するらしい。

ライトボディが目覚めると五感の発達やハートチャクラの解放、ヒーリングやチャネリング能力の開花、エネルギーレベルのアップなどがもたらされるそうだ。

不食者として有名なジャスムヒーンさんによるとライトボディの進化は12段階に分かれるんだって。

めぐむ 焦る

早く伝授を受けたいめぐむ。

愛情深いゆきちゃんはめぐむのワガママをこころよくきいてくれようとしてくれた。けれど・・・なかなかお互いの時間が合わずに焦燥感に襲われていた。

なぜそんなに焦っていたのかって?

実のところ、めぐむは徳島暮らしがうまくいってはいなかった。というか崖ぷちに立たされていた。

すべてはお金の問題ばかりだったが・・・。

ライトランゲージの伝授を受けたら・・・ほんとうの意味で自分で自分がわかることができたら・・・世界が好転するって期待していたんだ。

ヒーリング

自分と繫るとともにゆきちゃんのようにヒーリングができるようになったら人を癒す仕事が直ぐにできるって思ってた。(お金も入ってくるようになるって思ってた。)

きっと母さんのことがきっかけなんだろうけど、癒せる人になりたいって気持ちをかかえて生きてきた。

いままで何度となく高額な伝授会に申し込もうとしたこともあっためぐむ。ライトランゲージで開花できたら・・・なんて大きな期待でいっぱいだったんだ。

十町市で偶然あった時に『伝授を受けた時からヒーリングができるよ』と言っていた言葉が頭の中で響いていた。

崖っぷちを打破するためにも、早く伝授を受けてヒーラーデビューしたい!

欲望に凝り固まっためぐむがいた・・・。

分割されたライトランゲージ伝授

桜祭り

『早く伝授を受けたい!』

 

なぜそんなに急いでいるのか?

ゆきちゃんはきっと不思議だったと思うけれど、

『息子くんと帰りにスタジオに寄って行きませんか?』

3月の最終日、桜祭りの帰りにゆきちゃんが誘ってくれた。

どんなところなのか?スタジオを見せてもらうだけってことだったけれど、ゆきちゃんはお茶とお話で癒してくれた後に半分だけ伝授をしてくれた。

ヒーリング

ヒーリングのツールを教えてもらう息子くん

ヒーリング

水晶で浄化をしてもらう息子くん

飲み終わったカップ

「いい?これはママとゆきちゃんと3人だけの秘密だよ。学校ではやっちゃダメだよ。」

ゆきちゃんは息子くんとめぐむにライトランゲージをやって見せてくれるとともに目を使ってチャクラを活性化させてくれた。

初めて聞く音。

今まで聞いたこともない響き。

「だめ、目を閉じちゃ。目をみて!」

ゆきちゃんの言葉を真似しながらライトランゲージを話すめぐむ。つい目を閉じて音に集中しようとしてしまい促されてた。

伝授は目から目へエネルギーが伝わるんだ。

ゆきちゃんの優しさに触れて重しが1つ剥がれ落ちたような・・・心が軽やかになった心地を味わいながら帰路についた。

帰りの車内で覚えたてのライトランゲージを試してみる。

ゆきちゃんに教わった言語とは違った初めて耳にする『ことば』が溢れてきた。

口から勝手に出てくることばに感動するめぐむ。

脳とは完全に関係性がない不思議な感覚に時間を忘れて、ひとり話続けた。

初めての他者ヒーリング

その後、ライトランゲージの残りの伝授の日は決まることもなく毎日が過ぎていった。

もう伝授はされないかも・・・とふと思った。

けれど、毎日いろいろな言葉をぶつぶつ話すのが楽しくて、伝授を半分してくれたゆきちゃんに感謝していた。

ライトランゲージに関わる記事の中には、ライトランゲージを話す人の真似を懸命に繰り返していたら開花したって人たちも存在した。

ゆきちゃんのお陰で頑張って真似しなくても、意図したら意図に関わる次元のことばが降りてくる。あとは練習を続ければきっと開花の日がくるって思ってた。

一度、ライブ配信でライトランゲージをやってみた。視聴にきてくれたひとのハイヤーセルフと繋がって癒しのライトランゲージを降ろしてあげたんだ。

ライブ配信

癒されてくれるかな?

って不安な気持ちを払拭しながらチャレンジたら、

『癒されました。有り難う。』

というコメントを貰うことができた。

ヒーリングできた実感はなかったけれど癒されてもらえたことが嬉しかった。

覚醒するためにとにかく毎日練習しようと思った。

交流会に参加しませんか?

メッセージ

ゆきちゃんからメッセージがきた。

自分のエゴに気づき残りの伝授を諦めていたところに伝授の日の提案がゆきちゃんからいくつか送られてきた。

涙がでた。

ゆきちゃんはヒーリングの能力以上に、愛に優れた女性だと実感した。

ゆきちゃんのイベントを感じてめぐむなりのことばで綴りたい。めぐむが唯一ゆきちゃんに返せる愛のカタチ・・・。

1、2もなく交流会に参加したいって返事をした。

実のところ学校の親御さんの会がある日だったのに、めぐむには親御さんの会よりも大事にしたいイベントになった。

ゆきちゃんのスタジオへ

スピリチュアルアート

慌ただしい朝だった。

息子くんを送ってから徳島市のゆきちゃんのスタジオに向かうめぐむ。

約40分ほどの道のりは、通勤ラッシュもあり時間が読めなくなっていた。

間に合わないかも・・・。

焦る気持ちをなだめて、集合時間ぴったりに到着したイメージを思い浮かべる。

大丈夫!

ライトランゲージを話しながら自分と対話をする。

ぴったりに到着!!

なのに、ゆきちゃんが出ない。スタジオも開いていない。

ドキドキした。

集合してから鳴門に向かうってあったから、鳴門行きのバスでみんな行ってしまったのかもと思った。(なぜかバスだと思い込んでいためぐむ。)

が、めぐむの勘違いで集合時間は到着した時間よりも10分遅い10時50分だった。

ホッとするとともにどっと疲れた心地がした。

ゆきちゃんの凄さ

ゆきちゃんを含めスタジオに参加者が集まった。

いざ鳴門の会場へ!

運転中

鳴門行きのバスにでも乗ると思い込んでいたところ、ゆきちゃんの運転する車で出発。

めぐむは助手席だった。

ゆきちゃんが運転を始めてすぐにめぐむの右側をぐぐっと押してくるような圧迫感がした。

ゆきちゃんのオーラだ!

改めて『ゆきちゃん凄いな!!』って心から思った。

今回の参加者はめぐむと鳴門で待ち合わせの女性以外はすでに伝授を受けたことがある女性。

鳴門に向かう間、ゆきちゃんへの質問が幾つが飛び交った。例えば高校時代の部活とか・・・。ゆきちゃんがどんな人だったのかゆきちゃんに興味津々のおふたり。

ヒーリング能力やチャネリング能力に長けているゆきちゃんがどんなふうに成長してきたのか?人を惹きつけてしまうゆきちゃんを肌で感じてさらに敬愛心が沸き上がってきた。

ライトランゲージの伝授

ウチノ海総合公園

ウチノ海総合公園に着いた。

岸にかこまれた海と晴れやかな空。整然とした芝生に少し葉が目立つようになった桜並木が目の前に広がっていた。

ゆきちゃんについて歩いていたら対岸の鳥居と目があった。

なぜか気になるが誰も気にならないようだった。

風が少し強いので風が当たらない場所を選び伝授会がはじまった。

と、その前にライトランゲージで遊んでみようとゆきちゃんが言った。

ライトランゲージで話しかけるから、それに合わせて会話しちゃうって遊びだ。

雑談してる女性

鳴門で落ち合ったIさんはまだライトランゲージの伝授がされていないから苦戦しながら宇宙語らしきことばで喋っていた。

伝授前との違いを感じてもらおうってゆきちゃんのアイデアでやにわに行われたライトランゲージ井戸端会議。ゆきちゃんって発想も面白い♪

5人でライトランゲージ雑談遊びをした後にIさんから伝授が行われた。

ゆきちゃんとIさんが向き合って座る。

ゆきちゃんがライトランゲージを喋りだした。

向きあって座る女性

初めて伝授を目の当たりにしたんだけれど、伝授を受けているIさんの目がまるでゆきちゃんのことばを吸収しているかのように呼応して瞬きをする。

その姿は目から『おと』を飲み込んでいるようにも見えた。

伝授の時間は10分もなかったように思えた。あっという間にすべてのインストールが完了した。

次はとうとうめぐむの番。

半分伝授が済んでいたけれど、あれからさらに活性化されていて6割以上開いているってゆきちゃんが言ってた。

伝授にはほとんど時間がかからなかった。切望していたライトランゲージの伝授が終了した。

けれど・・・めぐむが期待していた状況は訪れなかった。

そう、自分のなかの覚醒を覚えるような感覚は得られなかったんだ。

前回の交流会で伝授を受けた女性が伝授を受けた直後に故郷の星が分かりビジョンも見えるようになったって聞いていたから期待をし過ぎてしまっていた。

あとで知ったんだけど、前回伝授を受けた直後にビジョンが見えるようになったYさんはレムニアン・ヒーリングマスターコースレベル1のプラクティショナーで、すでにヒーラーとして活躍をされている女性だった。

Yさんのように松果体が活性化されていたら、伝授が終わったとたん能力が開花したりするけれど、めぐむのように今までなにも学んだことがない人間にはすぐに開花するほどお手軽な世界ではなかった。

っていうか、考えてみたらフツーだよね。。。

ショックを拭いきれないまま植物との交流へ移行して午前中の伝授会は終了した。

木々に触れる

レムニアン・ヒーリングとはハワイ在住のマリディアナ万里子さんが開発・創始された愛と光のヒーリング。

基礎、上級、マスターコース・レベル1、マスターコース・レベル2の4つのコースがある。
上級コースを卒業された生徒にはプラクティショナー(実践者)の資格を取得することができるよ。

認定プラクティショナーはレムニアン・ヒーリングを使ったセッションができるんだ。

カフェでのひととき

カフェの店内

ゆきちゃんオススメの癒し系カフェでランチをした。

食事が済むとひとりひとりにライトランゲージのテキストが手渡されたよ。

テキストはもちろん、ゆきちゃんのオリジナル。

パスタランチ

めぐむはパスタランチをいただいたよ

テキストを配る

ゆきちゃんからテキストを受けとるYさん

テキストにはライトランゲージで進化できる3つのステップと応用が細やかに書かれていた。

テキストは伝授を受けたひと以外は見ることができないマル秘情報。

準備のステップから始まって自己浄化のステップで自己ヒーリングが進んでいくと他者ヒーリングができるようになるらしい。

さらに進むとライトランゲージを伝授できる人にもなれる可能性がでてくる。
※ゆきちゃんから認定を貰えたらね

伝授した直後にスーパーサイヤ人化することはできないけれど、まるで蕾が開くようにゆっくりと美しく能力を咲かせることができるのがライトランゲージなんだね。

カード占い

交流会の前にレムリアンカードで占ってくれたゆきちゃん

ヒーリングカード

めぐむがひいたのはクジラのカード

他者ヒーリング ライトランゲージ実践練習

リフレッシュしたところでウチノ海総合公園に戻っためぐむたち。

今度は海からのエネルギーをいただいてセッションの練習にチャレンジしたよ。

海と女性

海にはマーメードとイルカが来ていたらしい。賑やかに歓迎してくれていた。

まずはひとりのひとを囲んでのライトランゲージを使った他者ヒーリング。初めてだから無我夢中で真ん中のひとを思って『光の言語』を降ろしたんだ。

ひとりを囲む女性たち

みんなでYさんにライトランゲージ

ひとりを囲む女性たち

みんなでIさんにライトランゲージ

すべてのひとを癒し終わったら次は2人組になってセッション。

片方が問題を提示して、もう片方が問題にあった光の言語を降ろしてヒーリング。ゆきちゃんにアドバイスをもらいながらチャレンジしてみたけれど、相手を癒せているのかピンとこないめぐむ。

2人の女性

Tさんとのセッションにチャレンジ

セッションが終わったら相手になにか伝えてねって言われてオロオロしちゃった。

「大丈夫!なんでもいいよ。直感で思ったことを言えばいいからね。」

(うそ〜!大丈夫?ほんと大丈夫??)

ヒヤヒヤしつつ口から絞り出すようになにかを一言伝えてた。

(これでいいの????)

内心ビクビクしていたけれど、練習相手の方たち(おふたりやらせて貰った)は笑顔になってくれたから良かったんだと思う。

相手のための『光の言語』を降ろせていたのかは自信がなかったけれど、相手によってまったく違った『ことば』で、音色も違いすぎていたのに自分でも驚いた。

個別で伝授を受けていたら気づけなかったと思う。数人で交流したからこそ、人それぞれのライトランゲージがあるって知ったし、相手によって自分が発する『言語』も違うって体感したことがめぐむの心を震わした。

ヒーリングカード

終わりに再度レムリアンカードをひいてみた

ヒーリングカード

めぐむがひいたカード。セッション後に『土着したエネルギーを感じる』って言われていたらこれ!びっくりしたよ。

帰路につく

青空と雲

「しっかりできていたね。」

帰りの車でゆきちゃんが言った。

「ほんとにっ!?」

「できてたよ。注意しなかったでしょ?」

いつも優しいゆきちゃんだけど、教えるときは手厳しいらしい。カタチは同じように見えても本当にはできていない場合は即座にツッコミを入れるそうだ。

降ろす前のイメージをゆきちゃんに伝えた。

「うん。大丈夫!ちゃんとできてる。」

ゆきちゃんの言葉にちょっぴり自信を貰っためぐむ。ライトランゲージを行なう際にお決まりのイメージを浮かべてから『光の言語』と繋がるようになったのはこの後のお話。

「あっ!イルカっ!!」

後部シートから声がした。

指差した先にはイルカの雲。誰がみてもきっとイルカだって声をあげるくらいリアルなカタチの雲のイルカに、誰もが息を呑んだ。

『今回は木花開耶姫(コノハナサクヤヒメ)とマーメイドの歓迎を受けた交流会』

海ではマーメイドとイルカが楽しそうに迎えてくれたねって和気あいあいとしていたところにイルカの雲が出現。めぐむの神秘的な一日が幕を閉じた。

ゆきちゃんのセッションが受けたいあなたへ

ゆきちゃんのHP:レミーア 虹の森と天使の音色

ゆきちゃんのブログ:ヒーリングスクール 天使の音色

ライトランゲージの伝授を受けて

ライトランゲージの伝授を受けてからもうすぐ1ヶ月になる。相変わらず見えることはないけれど、眉間の間に目があるようなイメージ?!感覚がある。不思議なここち。

ライトランゲージの伝授がきっかけなのか?今まで出逢わなかった本たちとの出逢もぐんぐんやってくる。そのなかの1冊にインスパイアされて氣を流せるようになっためぐむ。悪い部分(身体)を改善できるようになるために氣も練習中。

心なしか読書のスピードが早くなった。というか読み方自体が変化した感じがする。読まなくても分かるような感覚がどことなくあって以前に比べスラスラ読める。

これがライトランゲージを伝授されてからめぐむが感じている変化だ。

世の中にはさまざまな伝授が存在する。すぐに伝授終了とうたっている高額講座でも、実際には半年ほどの練習や関係する学びが必要になってくる・・・ということも知人の体験談から知っていた。

ライトランゲージもすでに回路は開いているけれど、開花するには半年かかるんだろう。

半年後のめぐむのアセッション(進化)を楽しみにしていてね。

ライトランゲージをもっと知りたい!

ライトランゲージ・ヒーリングセッションを動画にしました。
ぜひご覧ください。

【スピリチュアルヒーリング】ライトランゲージ・ヒーリングセッション
光の言語ライトランゲージ を使ったヒーリングセッション