胎教によい絵本15選と読み聞かせテクニック

胎教の絵本についてまとめ 知育

胎教の絵本についてまとめ

Moi!

こんにちは めぐむです。

妊娠中に絵本の読み聞かせをするとママにも赤ちゃんにもとってもよい効果があります。

絵本の読み聞かせの効果やはじめる時期、時間、おすすめの絵本についてお話します。

実際に読み聞かせをしたママや私の体験談もまとめましたので、初めての妊娠で不安なママは、妊娠生活を楽しめるようになりますよ♫

胎教って!?

おなかのあかちゃん,妊婦

胎教と聞いたら何をイメージしますか?クラシック音楽を聴くとか、妊娠中から英才教育をするなど人によってイメージが違ってきますよね。『胎教』を辞書で引くと『妊娠中、気持ちを穏やかにもち、むりなことをしないで、胎児にいい影響を与えるようにすること』と書いてあります。

日本での最も古い胎教の記録は江戸時代です。

江戸初期の陽明学者・中江藤樹は、女性のために出版した『鑑草(かがみくさ)』のなかで胎教の大切さを説いてます。「胎教というものは子が体内にあるうちの教えであり、その教えは母の心持ちと行いにある。」おっしゃる藤村。

漢文の訓話集をもとに藤樹が解説を加える形態で書かれた『鑑草』には、胎教について、周の太任(たいじん)が妊娠中に胎教に努めた話をもとに胎教の重要性、方法が記されています。

近江聖人 中江藤樹 

胎教,中江藤樹

江戸時代に胎教を推奨した中江藤樹

出典:NPO法人高島藤樹会

藤村は「胎児は外からの影響を受けやすいため、胎教には慈悲と正直を根本とし、かりそめにも邪念を起こしてはならない。食物は慎み居ずまいや行いは正しくして、目にいやな色を見ず、耳に邪なる声を聞かない。さらにはいにしえの賢人や君子の行いとか孝行をつくし、忠と信をつらぬくなどの故事を記した書物を読むように心がける事。」と語っています。

さらには、「生まれてくる子の姿形がよく、知恵や徳芸に優れるようにと願うのは、母の常だが、胎教によってそうなることを知らないために、胎教に力をいれない。しかし、胎教は子に教える根本だから、よく戒め、励ますべきである」と胎教を奨めています。

中国の古書、『青史氏之期』が言葉の起源といわれる『胎教』のはじまりは、紀元前1000年以上にも前の時代です。儒教とともに日本や韓国でも行われてきた胎教ですが、現在では西洋でも行われるようになってきました。

胎教の母 周の太任 

胎教の母,太任

胎教の母と呼ばれる周の太任

出典:中国历史

ワシントン州の発達心理学者:ブレント・ローガン博士は、心音を使った胎教を行えば、出産直前に起こる原脳細胞(プロトブレイン)の大量死を防げ、穏やかで知的能力が高い子に育てることができると発表しています。原脳細胞は脳細胞をつくるための細胞です。通常私たちの脳は140億個の脳細胞からできていますが、胎教を行えば余分な脳細胞(エクストラブレイン)という一般人よりも多くの脳細胞をもった子どもが生まれるということです。

胎教の原脳細胞への影響については、スタンフォード大学とカリフォルニア大学のねずみを使った共同研究でも報告されています。妊娠中の刺激によって賢いねずみが生まれるそうですよ!

絵本の読み聞かせは効果があるの?

絵本,妊婦

歴史的にも研究報告からも胎教が効果がありそうな気がしてきましたよね。では絵本の読み聞かせが胎教として効果があるのでしょうか。赤ちゃんの側面からとママの側面からお話をしますね。

赤ちゃんへの効果

情緒が安定した赤ちゃんになる

お母さんの声にたくさん触れることで、リラックスした状態で育ちます。生まれてからも『夜泣きをほとんどしない』、『社交的』、『穏やかだ』という声がたくさんあります。

脳の発育をうながす

お母さんの声が刺激になって脳が活発に発育します。生まれてからも『言葉の理解が早い』、『体の発育が早い』という声が聞こえてきます。

ママへの効果

赤ちゃんへの愛情が強くなる

赤ちゃんのために読んであげることで実感が湧き、赤ちゃんへの愛情がさらに強くなります。ママとしての自覚も生まれやすくなりますよ♪

絆が深まる

おなかのなかからコミュニケーションを続けてきたことで親子の絆が深まります。深い絆でつながっているから育児が楽になるとも言われています。

ママの情緒を安定させる

ママが安らぎを感じる絵本を読むことでリラックスできます。妊娠中の不安も軽減できそうですよね!科学的根拠はありませんが、絵本の読み聞かせをしたママは産後鬱になる人が少ないとも言われています。

いつ頃から絵本の読み聞かせを始めればいいの?

胎教について悩むママ

読み聞かせをはじめる時期はつわりが終わり安定期に入った頃(妊娠6ヵ月)が最適だと言われています。

赤ちゃんの耳は妊娠6週目くらいから形がつくられてきます。最初に三半規管ができて、その後、外耳、内耳、中耳が形成されます。妊娠12週目を過ぎたころから赤ちゃんは音を感じることができるようになります。さらに妊娠16週目に入ると内耳が完成します。

ここで赤ちゃんの脳についてですが、妊娠3週目くらいから形成されはじめます。妊娠20週目ぐらいまでに神経細胞が増大して、妊娠24週目以降に大人の脳に近い形ができ上がります。赤ちゃんの耳が聞こえるようになっても、脳ができたばかりの頃は音の違いを聞き分けることができません。

それでも、音を記憶する海馬の発達によって妊娠16週目を過ぎたあたりから音を覚えるようになってきます。

妊娠11週目,あかちゃん

妊娠11週目のあかちゃん

生まれたばかりの赤ちゃんに何人かの声を聞かせる実験で、赤ちゃんは必ずママの声のほうをむくと報告されています。赤ちゃんはちゃーんとママの声を記憶して生まれてくるのですね!

また、おなかのなかでママの優しい声を聞いて育った赤ちゃんは、ママの声を聞くたびに穏やかな状態になるそうです。ところが、ママが怒ったり大声を出して育った赤ちゃんは落ち着きがない様子がみられるそうです。ことばの意味が分からない時期でも、快適に感じる声で語りかけてあげるのが良さそうですよね。

無理に耳が聞こえるようになってくる時期だからと読み聞かせをするよりも、つわりも治まりママがリラックスして読み聞かせを楽しめる安定期から始めるのが理想ですね!

外部の音が聞こえるようになるのはさらに先の28週目以降です。たとえばママとお話しているパパの声や家事をしている音、音楽などが聞こえるようになってきます。音の強弱、高低も聞き分けられるそうですよ!この頃からはパパによる読み聞かせをおこなうのも素敵ですよね。

絵本の読み聞かせによい時間、よい環境

あかちゃん,妊婦

毎日同じ時間に読むのが一番です。「いまから絵本を読もうね!」と声をかけてから読んであげると赤ちゃんも楽しみな時間になると思います。リラックスした環境で読めるように静かで落ち着ける部屋がいいですね。アロマを焚いたりバックミュージックとしてクラシックをかけるのもいいですよ!

まずは自分が楽しむことを忘れないでくださいね。

絵本を読み聞かせるコツ

おなかのあかちゃん,幼児

大きめの声でゆっくりはっきりと読んであげてください。場面にあわせて声の大きさを変えたりリズミカルに読んだりしてママも楽しみましょうね。挿絵はママの目を通してしっかりと見ています。ママが絵をじっくり味わえば、赤ちゃんも絵を感じ楽しむことができますよ!

赤ちゃんとママはおなかだけでなく心もつながっているという声もあります。ママの考えや感情と赤ちゃんは同調しますので、一緒になって読みふける心持ちで読んであげてくださいね。

読むまえに「いまから絵本を読もうね。楽しかったら教えてね!」とお話をするのがおすすめです♪

読んだ際に絵本にメモを書くと『宝物』になりますよ!たとえば、初めて読んだ日、あかちゃんが声を出して笑った日、はじめて子どもが1人で読んだ日など、絵本を読んだ時に印象的なことがあった際に絵本に記録を記します。こうして書き記した絵本を大人になった際にプレゼントすれば『かけがえのない絵本』になるそうですよ♫

胎教に人気の絵本ランキング

1. どんなにきみがすきだかあててごらん


絵本,どんなにきみがすきだかあててごらん出典:評論社

どんなにきみがすきだかあててごらん

サム・マグブラットニィ/文  アニタ・ジェラーム/絵  小川仁央/訳

ちいさなウサギは、おおきなウサギにきいてみたくなった。「どんなにきみがすきだかあててごらん。」

チビウサギはおやすみする時間にふと、デカウサギへの気持ちを伝えます。そこから相手をどれだけ好きかの比べっこが始まりした。チビウサギは飛んだりはねたりと全身を使って表現しますが、体の大きいデカウサギにはかないません。だんだん眠くなって思いつかなくなってきたそのとき・・・。

懸命に思いを伝えるチビウサギと対抗しながらも愛おしそうに見つめるデカウサギのやりとりがきゅんとくる物語。『好き』という言葉の力、『好き』と素直に伝える大切さをを感じますよ。読んであげるほどあかちゃんへの愛情が増していきそうですよね♫

2. ちいさなあなたへ/主婦の友社


絵本,ちいさなあなたへ出典:主婦の友社

ちいさなあなたへ

アリスン・マギー/文  ピーター・レイノルズ/絵  なかがわちひろ/訳

あのひ わたしはあなたのちいさなゆびをいっぽんいっぽんかぞえ、そのいっぽんいっぽんにキスをした。いつのまにやらあなたは・・・。

幼い我が子の寝顔をみながら産まれたばかりのころを思い出すわたし。やがて、

2007年、アメリカで出版されるとともに児童書籍の分野で、ハリー・ポッターを抜かして第1位を獲得!日本でも2008年に初出版されてから発行部数50万部以上という大ベストセラーの絵本です。我が子への思いが痛いほどに伝わってきます。絵本を読めば、親として共感するとともに、産んでくれた母への思慕が沸き上がるかもしれません。

あかちゃんに読み聞かせてあげるたびに、ママになる幸せがジーンと味わえる!そんな素敵な絵本です♫

3. はらぺこあおむし


絵本,はらぺこあおむし

出典:偕成社

はらぺこあおむし

エリック・カール/作  もりひさし/訳

おや はっぱのうえにちっちゃなたまご おつきさまがそらからみていいました。

産まれたばかりのちいさなあおむしがたくさん食べて蝶になるお話です。ビビッドな色使いの絵は大人が見てもうっとりします。あおむしが食べたものに穴があいていたりと好奇心をくすぐる工夫もされているから、あかちゃんから大人まで楽しめますよ!『全国学校図書館協議会選定 よい絵本』にも選ばれたベストセラー作品です。

あおむしが産まれて蝶になる姿は、あかちゃんが大人に成長する姿と重ねてしまうかもしれません。あおむしは食べ過ぎの苦しみを乗り越えて美しく成長をします。あなたのあかちゃんもいつか試練を乗り越えないといけない時がくるかもしれません。壁をのりこえ魅力あふれる大人に成長したまだ見ぬ我が子へ、想いをはせて読んであげるのも素敵ですよね。

1976年に出版されていらい発行部数368万部(2015年)以上を誇る人気の絵本です♪

4. わたしがあなたを選びました


絵本,わたしがあなたを選びました

出典:主婦の友社

わたしがあなたを選びました

鮫島浩二/文  上野ゆかり/絵

おとうさん、おかあさん、 あなたたちのことを、こう、呼ばせてください。
あなたたちが仲睦まじく結び合っている姿を見て、わたしは地上におりる決心をしました。

産婦人科医の著者がある夜に思いのままに書いた詩が、出産をされたママから出産を控えたママたちへ広がりました。詩はまるであかちゃんの代弁をするかのように語ります。あかちゃんからパパ・ママへの愛と信頼にあふれた詩は、読んでいるうちに熱いものがこみ上げて、文字がぼやけて読めなくなるかもしれません。

出産を控えたパパ・ママにぜひ読んでほしい1冊です。この詩を読んで出産に挑めば、あかちゃんと心を通わせながら出産を経験できる予感がします。

あかちゃんが大きくなってから読んであげたら素敵な反応がみられそうですよね♪

※読む人を選ぶ絵本です。つわりなどのつらさや不安から救われたママもいますが、必ずしも無事に産まれるとはいいきれません。あかちゃんが無事に産まれてくるママや無事に産まれたママにおすすめします。

5. パンダ銭湯


絵本,パンダ銭湯

出典:絵本館

パンダ銭湯

tupera tupera/作

ここは パンダのための おふろやさんです

パンダと銭湯?マル秘マークが描かれた表紙からはなんともいえない情感が漂っています。動物園で暮らすパンダの親子がパンダ専用の銭湯に出かけることに・・・。一見してミスマッチにも思えるパンダ親子と銭湯が懐かしい情景のなかでシュールな光景が繰り広げられます。思いもよらない行動に絶句するかもしれません♪

2013年8月に出版されてわずか3年で発行部数30万部を突破したベストセラー作品です。出版されてすぐに増刷される人気を裏付けるかのように、静岡をはじめとする各地域で大賞や金賞を受賞しています。

読めば笑わずにはいられません。出産や子育の不安、つらさを感じた時に読んでみるのもいいですよね!シュールななかに親子愛が潜んでいます。パンダ親子を通して親子の愛がそこはかとなくあふれていますよ。

6. 100万回生まれたねこ


絵本,100万回生きたねこ

出典:講談社

100万回生きたねこ

佐野洋子/作

100万年も しなない ねこが いました。 100万回も しんで、 100万回も 生きたのです。

愛を知らなかったねこが100万回生きたお話です。ねこは100万年たくさんの人から愛されてきましたが、何度生まれても愛することがなく、何度死んでも悲しくもないねこでした。100万回目に初めて愛する相手と巡り逢い、幸せを感じ、そうして悲しみを知ります。愛する人とのあいだに愛する家族が増える幸せが胸の奥から感じられる作品ですよ。

日本図書館協会選定図書、全国学校図書館協議会選定図書に認定された絵本です。1997年に出版された絵本は、発行部数207万部(2015年)を突破して、いまなお人気がつづくロングセラー作品です♫ パパとおなかのあかちゃんと読んでみませんか?

7. ノンタン にんにん にこにこ


絵本,ノンタンにんにんにこにこ

出典:偕成社

ノンタン にんにん にこにこ

キヨノサチコ/作

ノンタン にんにん にこにこ いいおかお。

大人気のノンタンシリーズです。ノンタンのかわいらしい表情とともに言葉がリズミカルに書かれていて読んでいて楽しくなりますよ。おなかのあかちゃんの笑い声が聞こえてきそうなくらいキュートな絵本です。

1976年に『ノンタンぶらんこのせて』でデビューされたキヨノさんのノンタンシリーズは100万冊をこえています。アニメ化もされファンも多いノンタン。子どもたちがやるいたずらや失敗が描かれたストーリーが多いので、あかちゃんの未来の姿を思い浮かべながらシリーズを読むのも楽しそう♫

あかちゃん版のノンタンシリーズはことばの勉強や生活習慣の勉強に役だつストーリーなので、産まれたときの読み聞かせの練習にぴったりの1冊ですよ!

8. たいせつなきみ


絵本,たいせつなきみ

出典:いのちのことば社

たいせつなきみ

マックス・ルケード/文  セルジオ・マルティネス/絵  ホーバード・豊子/訳

だけどなにもできないぶきっちょのこびともいた。そんなこびとたちはみにくいダメシールをくっつけられたんだ。

体じゅうダメ印シールだらけの木のこびとは、自分はダメなこびとだと思っていた時にシールがくっつかないこびとと出会いました。やがて他のこびとからどう見られているのかという自分の心がシールを剥がれなくしていると教わります。おまえをとても大切だと思っていると話す創り主との対面シーンが胸にぎゅうっと響く作品です。

子どもを思うあまり、成長とともにどうしてもデキナイところばかりに目がいって自信を失わせてしまうこともあるでしょう。ですが、すべての子どもが正しい姿で産まれてきています。ありのままを受入れて愛してあげられれば、子どもは自分を信じ自分らしく輝いていけますというメッセージが聞こえてきそうな作品です。

あかちゃんが産まれる前にもう一度、あかちゃんへの愛を見つめなおしてみませんか?

9. かみさまからのおくりもの


絵本,かみさまからのおくりもの

出典:こぐま社

かみさまからのおくりもの

ひぐちみちこ/作

あかちゃんが うまれるとき かみさまは ひとりひとりの あかちゃんに おくりものを くださいます。

あかちゃんはみんな神さまからのプレゼント=個性を貰って生まれてきます。あかちゃんが宿った幸せをあらためて感じる作品です。かわいらしいイラストは見ているだけで心が温かくなりますよ!

あとがきでは子どもの個性の大切さ、親や社会の都合の良い子に育てることへの問題を訴えています。たくさんの奇跡が重なって宿った命への有り難さに気づければ、たとえほかの子よりも劣っていたとしても、たとえ親を困らせてばかりいる子でも、我が子がとても愛おしく感じられそうですよね。妊娠を知ったときの喜びを大切にしてくださいというメッセージが聞こえてきそうな作品です。

10. こぐまのクークの12か月

絵本,こぐまのクークの12か月

出典:角川書店

こぐまのクークの12か月

かさいまり/作

いちめんに ゆきげしきが ひろがる ふゆ クークは雪合戦に 雪だるま かまくら遊びに夢中

こぐまのクークが北海道の大自然のなかでなかま達と遊ぶ様子を描いた作品です。北海道の12か月、それぞれが放つ美しい自然美とともにワークたちのかわいらしい姿が見開きになって描かれています。優しいタッチのイラストを見ているだけで癒やされるかも!?北海道の四季の香りが漂ってきそうな挿絵にふれてリラックスするかもしれませんね♫

角川の児童書レーベル、『つばさ文庫』で大人気のクーク物語シリーズの絵本版です。最初にクークと仲間達が紹介されているから、シリーズを知らないひとでも楽しめますよ!

めぐむのおすすめ絵本

いない いない ばあ


絵本,いないいないばあ

出典:童心社

いない いない ばあ

松谷みよ子/文  瀬川康男/絵

いない いない ばあ にゃあにゃあが ほらほら いない いない・・・・・・・・・

ねこちゃんやくまちゃんたちがかわいらしく「いないいない・・・ばぁ。」をしてくれて心がほっこりとする絵本です。おなかのあかちゃんもきっと大喜びしますよ!

2015年に行われた『絵本の累計発行部数ランキング』で堂々の1位(569万部)を獲得した大ロングセラーの絵本!雑誌や新聞、地方紙などにおすすめの絵本として選ばれてきた『いないいないばあ』は、1967年に出版されました。50年たったいまでも変わらぬ人気は、シンプルな文章と独特なタッチの絵がもつ魅力からですね♫

早期教育をはじめた頃に『世界一の絵本』と紹介をしてもらいました。「すべてのあかちゃんはこの絵の素晴しさがわかります!ですが、この絵の素晴しさがわからない大人が多いです。」当時、無料体験でアドバイザーからうかがったお話です。

イラストを描かれた瀬川さんの絵は、歴史あるブラチスラヴァ絵本原画展でのグランプリをはじめ国内外で高く評価されています。芸術性が高い絵の魅力が、まだ純粋なあかちゃんだからこそ『ホンモノ』が分かるんでしょうね。

ぐりとぐら


絵本,ぐりとぐら

出典:福音館書店

ぐりとぐら

なかがわりえこ/文  おおむらゆりこ/絵

ぼくらの なまえは ぐりと ぐら このよで いちばん すきなのは おりょうりをすること たべること ぐり ぐら ぐり ぐら

お料理がすきな野ねずみのぐりとぐらが森のなかで大きな卵を発見!卵をどうやってもって帰ろうか悩んでいた2人でしたが、、、。おおむらさんのかわいらしい挿絵とともに、リズミカルで軽快なテンポの文章が楽しさと癒やしをもたらせてくれます。

1967年に出版されていらい472万部(2015年)の発行部数を誇る大ロングセラー作品です。子どもから大人までファンが多く、なかには親子3代で大好きなかたも!絵本に出てくるカステラが食べたいという声もあちらこちらから聞こえてきますよ♪

保育園で保育者をしながら創作活動をされていた中川さん、デビュー作の『いやいやえん』の挿絵を当時大学生だった妹の大村さんに頼んだのが始まりで、姉妹でたくさんの作品を生みだしてきました。大好きだった『ちびくろさんぼ』の『ホットケーキ』に負けない『カステラ』づくりに、子どもたちがびっくりする大きな卵を描きたくて主人公は小さな野ねずみを採用したんですって!

ずーと ずっと だいすきだよ


絵本,ずーっとずっとだいすきだよ

出典:評論社

ずーと ずっと だいすきだよ

ハンス・ウィルヘルム/作  久山太市/訳

エルフィーのことを、はなします。エルフィーはせかいでいちばん、すばらしい犬です。

いっしょに大きくなった大好きな犬のエルフィー。主人公が大きくなるとともに年老いて階段も登れなくなってしまいます。主人公はエルフィーに毎日「大好きだよ。」と伝えてお世話をしますが、ある日の朝、エルフィーは死んでいました。

小学校の教科書にも採用されている感動の物語です。『死』をテーマに言葉で愛を伝えることの大切さが胸にしみ入ってきます。読み聞かせをしていて思わず泣いてしまうかもしれません。あかちゃんに言葉に出して愛を伝えていこう!と思えるようなすてきなお話です。絵本を読んで育ったあかちゃんも「大好きだよ!」と素直に伝えられる子に育つようですよ。

もちろん!息子も毎日のように「大好き!」と伝えてくれる子に育っています♫

がたん ごとん がたん ごとん


絵本

出典:福音館書店

がたん ごとん がたん ごとん

安西水丸/作

がたん ごとん がたん ごとん   のせてくださーい

まっ黒い汽車が「のせてくださーい」の声とともに哺乳瓶、スプーン、コップ、リンゴ、バナナ・・・と次々に乗せて走ります。「終点でーす」と降りた先には小さな女の子が座っているテーブルが!?汽車が女の子のごはんを運んでくるほのぼのとしたストーリーです。

単調なリズムが繰り返されるお話ですのであかちゃんは大喜びしますよ。おなかのあかちゃんもおなかを蹴って大はしゃぎしそうですよね♫1987年に出版されて発行部数188万部(2015年)を突破したロングセラーの絵本です。デザイナーからイラストレーターに転身された安西さん。素朴でカラフルな挿絵から心が和む読み聞かせタイムになりそうですね!

わたしと息子は「もう乗れないよ!」とか「頭にどうぞ!」とか「ありがとう!!」といった絵本に隠れていそうなことばを増やして楽しんだお気に入りの1冊です。

おつきさま こんばんは


絵本

出典:福音館書店

おつきさま こんばんは

林朋子/作

だめだめ くもさん こないでこないで おつきさまのおかおがみえない

真っ暗なお空にお月さま。ところが黒い雲がお空に現れてお月さまが見えなくなっちゃった!お月さまが泣いちゃうから雲さんどいてといって訴えると、お月さまと雲さんはお話しちゅうでした。また姿をみせたお月さまに「こんばんは!」

お月さまの表情と屋根の上の猫ちゃんたちのシルエットがたまらない絵本です。リズミカルでキュートな文章は読んでいてほっこりしそう!1964年に出版されて発行部数177万部(2015年)を突破したロングセラーの絵本です。温もりを感じる林さんの作品は世界中で愛されています。『魔女の宅急便』の挿絵を描かれていたこともありますよ!

『おつきさま こんばんは』は、林さんが当時あかちゃんだった姪っ子を抱っこしてお月さまに「こんばんは。」といって遊んであげたエピソードから生まれました。わたしもお月さまが顔をだした夜は、「だめだめくもさんこないでこないでっ!」といって息子といまでも遊んでいます♫

知りたいな!ママたちの体験談

ママと赤ちゃん仲良し

読み聞かせをしてきたママたちの感想は!?

  • ママ自身がリラックスできた
  • 出産までの不安を取り除いてもらえた
  • ストレスを解消できた
  • 自信をもらえた
  • 勇気をもらえた
  • ママになる喜びが感じられた
  • あかちゃんへの愛情が強くなった
  • あかちゃんといつも一緒にいるような感じがした
  • あかちゃんとコミュニケーションがとれて楽しかった
  • ママになる心構えができた
  • パパにも実感が湧いた気がする
  • 読むとおなかをポンポン蹴ってきた
  • 産まれてから胎教で読んでいた絵本を読むとご機嫌になることが多かった
  • 産まれてから子どものいちばんのお気に入りの絵本になった

読み聞かせをしてきためぐむの感想は!?

「いまから絵本を読もうね。面白かったら教えてね。」と伝えてから絵本を読むと、読んでいる途中でポンポンとおなかを蹴ってくれました。絵本によって『あぁ、喜んでくれている!』とうれしさで心が満たされた時間を過ごせました。

読み聞かせ以外にも胎教を行っていました。いちばん最初にはじめたのが『キックゲーム』でした。『キック!』というと蹴ってくれたときの感動が忘れられません。この子は分かってる!胎児じゃない、あかちゃんだ!!と感じた瞬間でした。

おなかのあかちゃんに話しかける際は、はじめのうちは『はじめてトーク』を使っていました。ですが、はじめてトークを使用して読むのはぎこちない感じでした。その後、おなかのあかちゃんとのコミュニケーションをしっかり感じるようになって使わなくなりました。あかちゃんがそばにいるママと勘違いされそうなくらい普通に会話をしていました。

本格的に胎教をはじめたのは8ヵ月目からです。それから不思議な体験を2回しました。1つ目は逆子が治ったこと。あるときの検診で『逆子』でした。その夜、お風呂で「頭とお尻が反対ですよ!頭はこっち、お尻はこっちだよ。」と伝えたら、次の検診には良くなっていました。2つ目は性別。お風呂でふと「男の子?女の子??」と聞いてみたところ『男の子』だということばが脳裏に現れました。

余談ですが、助産師さんとの面談時に見えた資料に『女の子』のマークがついていました。やっぱりコミュニケーションが取れているって感じていたのは錯覚だったんだ!とすこし落ち込みました。産まれたあかちゃんは『女の子』に間違われることもあるかわいらしい『男の子』でした♪

産まれてからは、よく寝るあかちゃんでした。産まれてすぐの頃に洗濯機の修理にいかついおじさんたちがきましたが、事前に伝えていたら来たとたんに寝てしまいました。うるさい音がしても静かに寝ていてとても驚きました。夜泣きもほとんどしたことがなかったですよ!(年に1回あるかないかというくらいでした。)

胎教のあかちゃんは社交的だと聞いていましたが、コミュニケーションも上手でした。人見知りがなく大きな声でよく笑うとご近所でも評判で、かわいがってもらえました。

胎教で読んであげていた絵本はいまも空で読めるくらい産まれてからも繰り返し読んであげました。当時の日記を読み返してみると2ヵ月で自ら絵本を選び、3ヵ月でページをめくろうとしていたようです。電車での遠出にも本さえあればご機嫌でした。交通機関を利用するのも困った記憶がありません。

ことばも早く1歳半には「耳が痛い」「病院に行く!」と教えてくれていました。
※大の病院嫌いでしたが。。。

いま息子は5歳になりました。本が大好きな幼稚園児です。寝る間際まで読んでいたかと思えば、起き抜けに顔を洗わず本を読み始めるくらい本を読んでいます。胎教から絵本を読んであげていてよかったと感じています。

胎教の絵本

読み聞かせの時の記録が書きこまれた絵本

めぐむ的まとめ

いかがでしたか。胎教の絵本の読み聞かせが与えてくれるものは『親子の絆』です。絵本の読み聞かせをすれば、必ずしも賢くなったり育てやすい子になったりするという科学的な確証はまだありません。(なかには胎教の効果がまったく感じられなかったママもいるかもしれません。)

しかしながら、絵本の読み聞かせをすることで我が子への愛が深まることは間違いないでしょう。あかちゃんのために時間をつくって読むことで愛情がふつふつと湧き上がってくるのをきっと感じますよ。

ほんとうに素晴しい絵本はだれが読んでも心を動かされます!絵本の読み聞かせであかちゃんと妊娠期間を楽しみませんか!?

最後までご覧くださりありがとうございました。

NEOライフスタイルデザイナー

めぐむ

コメント